体育家庭教師、スポーツ家庭教師派遣会社・AQUA

トップページ > 運動する子は、脳が育つ

運動する子は、脳が育つ

頭が良くて、運動神経バツグン。
そんなお子さまに、育てたくはありませんか?

脳の成長には、運動が特効薬。 信じられかもしれませんが、最新の脳科学の結論です。

脳の「海馬」は、学習能力や記憶をつかさどります。

脳の奥には、海馬(かいば)と呼ぶ部分があります。学習能力や記憶をつかさどる器官であり、タツノオトシゴ=海馬にそっくりな形から、そう呼ばれるようになりました。アルツハイマーやうつ、PTSDなどとも密接に関係することからも、役割の重要さがうかがい知れます。


最新の研究成果、海馬は運動で鍛えられます。

実はこの海馬、「スポーツによって鍛えることができる」と言ったら驚かれるでしょうか。仕組みはこうです。スポーツを行うことで、脳の血流量が増えます。その結果、酸素と栄養分が脳全体に平常時より多く供給され、海馬の育成も促進されます。スポーツは脳の神経細胞も新規に生み出す効果があり、これも海馬の発育に好影響を与えます。


脳は一生成長するもの。ただし、運動が必要です。

さらに近年の研究によれば、脳はスポーツによって永続的に成長することが明らかになってきました。これまで人間の脳重量は6歳ぐらいまでに成人の90%に達し、男子では15歳、女子にいたってはわずか9歳で発育が止まるというのが定説。脳は若くして完成し、あとは衰える一方と見なされていたわけです。ところが脳の研究が進み、「身体を動かしている限り」脳の成長は止まらないと判明。この説に準じれば、運動をする習慣のない人は、生涯にわたり脳を育てる機会を失っているとも言えるでしょう。


人生でもっとも大事な時期に、運動から遠ざかってしまう現実。

運動が脳を育てる、それも一生涯にわたって。その事実を前にして気になるのは、近年の子どもたちの生活です。ゲームの普及や学習塾通いにより、外で友達と遊んだり、スポーツに親しんだりする時間は減少の一途。5歳から15歳は脳を鍛える絶好の時期でありながら、機会をみすみす逃していると言えるのです。未来に関わる大事な時期を、無為に過ごしてしまう子どもたち。私たちは心から残念に思っています。


だからこそ、脳力の向上にスポーツや運動を。


子どもの脳力を最大限に引き出し、生涯にわたって衰えさせないためには、
スポーツや運動全般に親しむことが重要です。

スポーツや運動を通じ、学習効果を最大化するために。
弊社では、独自のプログラムを開発しました。特長は、「脳神経細胞を活性化」と「脳神経細胞同士の繋がり(シナプス)の強化」。このふたつに重点を置く個別指導により海馬を育成し、通常の塾や家庭教師では得られない成果を形にします。

ご事情により、運動ができない、あるいは控えねばならないお子さまでも、 まずは、ご相談ください。
何かいい手法が見つかるかもしれません。
あきらめないで、私たちといっしょに未来を切り開いていきましょう!

株式会社 ア ク ア
代表取締役 小倉 和宏


このページの一番上へ