体育家庭教師、スポーツ家庭教師派遣会社・AQUA

トップページ > 体育家庭教師としての原点

体育家庭教師としての原点

大学4年間、私はライフセービング部に所属していた。3年生の冬、友人から1本の電話が入る。

「親戚にまったく泳げない小学生の女の子がいるんだけど、
水泳を教えてあげてくれないか?」

年齢は11歳、小学校5年生。
彼女が通う小学校は私立で、教育方針が文武両道。
依頼内容は、半年後、6年生の夏に行われる遠泳実習で、どうにか1時間泳げきれるようにしてやってほしいということ。
訊けば、これまでにスイミングスクールに通った経験もあるが、レッスンに付いていくことができずに、結局、十分に泳げないまま断念したそうだ。現状といえば、15メートル泳げたら上出来というレベルとのこと。そして、塾などの習い事が多いため、レッスンには週1回しか時間がとれないとのこと。

親御さんにここまでの話をきいて、あまりにも時間が少なすぎると思った。おまけに家庭教師自体、経験がない。安請け合いをしてがっかりさせたくなかったため、そのことを正直に告げ、断わろうと思った。しかし、親御さんの強い希望で、1時間泳ぐことが難しいならせめて100メートル泳げるように、という条件がつき、不安ながらコーチを承諾することに。

後日、いよいよトレーニングを開始。まず、レベルを確かめるために泳いでみてもらう。すると手足の動きや息継ぎ。すべてのタイミングがずれていることが一瞬で判断できた。その時に私が感じたのは“スイミングスクールはいったい何を教えてきたのか”という強い憤りだ。今でもはっきり覚えている。そこで、まず教えたことはスキルである。水泳におけるスキルとは水のキャッチと、手足や息継ぎのタイミングだ。一連の動きをリズムで覚えてもらうことに砕身した。

スタートから1か月半後、ひとつの結果が出る。なんと50メートル泳ぎきることを達成できたのだ。彼女も、自分自身に対して驚いていた。

しかし私は素直に喜べなかった。目標は100メートル。50メートル泳げたとしても、その倍となると、スキルだけではたちゆかない。スタミナが必要になることを経験で知っていたからだ。彼女の体つきといえば細く、いかにも体力が足りなそうに見えた。そこで、泳ぎ込みの必要性を感じたが、“ついてこられるだろうか?”という不安でいっぱいだった。ところが実際は違った。泳ぐことの楽しさを知った彼女は、なんと一度も音を上げることなく、最後までしっかりついてきてくれたのだ。

夏が終わり、私の自宅に1枚のハガキが届く。差出人は彼女。「水泳実習、完泳しました!」という書き出しで始まる文面だった。そして家庭教師が終了した後も、彼女が高校を卒業するまで感謝の年賀状が毎年送られてきたのだった。
彼女は自分の可能性を信じ、そして実現できた喜びと自信を、彼女の子供にも伝えるに違いないと思った。私はといえば、50メートル泳ぎきったときの彼女の最初の笑顔を今でも忘れられないのだ。

ここまでの経験すべてが、私の家庭教師としての原点となる。